ただ淡々と…

今日も雲の多い朝…

昨日に比べると
気温が高いように感じるけれど…



昨日は娘と二人、
娘が作った”愛犬”2匹を連れて実家へ…


父と母は娘の顔を見ただけで
顔をくしゃくしゃにして喜んだけれど、

娘から”愛犬”を受け取ると、

「これ、○○ちゃんが作ったの!?」
「可愛く出来てるわね、すごい!」

「ほんとに○○(愛犬)にそっくり」
「ありがとう」と

二人して口々に
感想と御礼を言いながら、
さらに顔をくしゃくしゃにして、

母は色々な思いが
交錯したようで、
目に涙を浮かべていた…



帰り道、
娘がそのことを口にして、

「おばあちゃん、○○のこと思い出して
悲しくなっちゃったかな…」と…


実際は少なからず
母にそういう感情があったに違いないけれど、
それ以上に…

「その逆で、帰ってきてくれたと思って
嬉しかったんじゃないかな」と言うと、

娘はとても嬉しそうだった。



家に帰ると、
留守電のランプが点滅…

先日のこともあるため、
娘が眠ってから再生してみると…


「夏休みだというのに
こちらに寄り付きもしないで」

「長男の嫁のくせに
ほんとに何の気遣いも出来ないなんてね」

「ろくでもない嫁だね」等々、

相変わらずの剣幕で
吹き込まれていたけれど…


ああ、やっぱり、と思う程度で
特に何も考えることなく、

ただ淡々と
ボイスレコーダーに録音した…







連日、たくさんの拍手、応援を頂き、
ありがとうございます。
重ねて心より御礼申し上げます。


応援お願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーリンク




 
プロフィール

Author:ゆみ子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
スポンサーリンク



ブログ村ランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR